楽器ライアー(Leier)

ライアー(Leier)とは竪琴を表すドイツ語で、英語ではリラ(Lyra)です。竪琴は古代ギリシャやエジプトの時代からある古い楽器ですが、現代のライアーはR.シュタイナーの考案で、音楽家のE.プラハトと彫刻家のL.ゲルトナーによって1920年代に創られました。

メッセージ


ライアーとの出会いは、障害をもった子供たちにいい楽器はないかと探している時でした。
はじめて楽器を手にして奏でたときは、天にも昇る夢心地。
透き通った音が、心のそこまで染み渡りました。
その後、なにかに導かれるように、ライアーの世界が広がっていきました。
ライアーは不思議な楽器で、ヨーロッパの古い曲を弾けば、チェンバロのようですねと言われ、
日本の”さくら”を弾けば、お琴のようですねと。
それに、アンサンブルで弾けば、どんなジャンルの曲も。
難しい演奏技法がないことも、魅力です。
心地よいそよ風のような、また、野原にさく小さな花々のような音楽を
みなさんと共に楽しみたいと思います。

プロフィール

プロフィール
国立音楽大学 卒業。1996年よりライアを弾き始める。
1998年よりライアーコンサートを開始。ソロコンサート、歌とのジョイントコンサート、朗読との共演、オカリナや二胡とのコラボなどを各地開催。また、ホスピスや老人福祉施設でのボランティアコンサートにも参加。2015年にはライアーソロのCD”グリーンスリーブス”を製作。ヤマハ名古屋、布池文化センター講師。


主なコンサート

2000年 江南文化会館ロビーコンサート(ソプラノとライアのジョイント)
2001年 サラマンカホールランチタイムコンサート(ソプラノとライアのジョイント)
2002年 那須ヴェーダの森コンサート(ソプラノとライアのジョイント)
2003年 三岸節子美術館 ロビーコンサート(ソプラノとライアのジョイント)
2006年 ナディアパークアートピアホール 演劇”野に立つ”の音楽(戸島美喜夫作曲)に出演。
2008年 名古屋市南文化小劇場 看護に活かす音楽(シンギングボール レインスティック ライアー)
2010年 江南文化会館ロビーコンサート(ライアー合奏)
名古屋ミッドランドスクエア アトリウムコンサート(ライア-合奏)
2012年 祖父江の森図書館コンサート (おはなしと音楽)
2014年 ライアーと朗読の贈り物 HITOMIホール 
2015年 花のなかでのライアーコンサート 百花百草

ライアーレッスン

ライアーレッスン

名古屋 伏見ヤマハ音楽センター
月曜日 水曜日 個人(30分) グループ(1時間)
ヤマハ教室
https://www.yamahamusic.jp/course/tokai/music_avenue_fushimi/lyre

名古屋 布池文化センター
火曜日 個人(30分)
布池教室
http://st-mary-nunoike.com/kouza_raia.html

一宮市 自宅 
個人(30分) 月曜日 木曜日
お問い合わせで問い合わせください。

お問い合わせ

caco358★drive.ocn.ne.jp

メールは★を@に変えてご入力ください

アンサンブルリーラ


アンサンブルリーラ

レッスンの受講生を中心にしたライアーアンサンブル。
老人福祉施設や病院などで、定期的にボランティア演奏を行っています。
また、カフェや公民館などでもコンサートを開催。

powered by crayon(クレヨン)